ウォールナット材になぜこだわるのか?

ウォールナット材の材料写真です

大川おすすめで人気の家具屋さん近藤家具のこだわり

ウォールナット材は硬さが違います!

ウォールナット材の木の画像です
ウォールナットの木

ウォールナット材は安値な無垢材に使用されているアルダー材と比べた場合硬さが全然違います。例えば机でボールペンで紙一枚何も敷かないで文字を書いた場合ウォールナット材は文字の跡は付きませんが、アルダー材はしっかりと書いた跡が天板に刻まれます。その事は家具の使用感にも表れてきますのでウォールナット材を使用した家具は使い込むほどに風合いが増してきます。実際、自宅でウォールナット材のテーブルを使用していますが使えば使い込むほどによくなってきて輝きが増してくる感じがしています。色々な材料も実際に使ったり研磨して修理したりして家具のアイテムの中ではコディネートがしやすくおすすめです。

ウォールナット材は色艶が違います!!

ウォールナット材のテーブル画像です
ウォールナットのテーブル

ウォールナット材は色艶が格別です!黒みがかった独特の色合いを持つウォールナット材は、着色された別の材料と比べた場合、ウォールナット材は自然の木の色艶が醸し出す自然な感じが特に素敵で、お部屋の雰囲気が落ち着いた感じになることで心和む空間が創出できます。また、傷がついた場合でも着色された材料と違い、ウォールナット材は傷が付いた部分だけ色が白くなったりすることがありません。このことは日頃のメンテナンスも楽ということです。色の付いたオイル仕上げの家具で傷をつけた場合、その傷を治すためには全体的な研磨が必要で、傷のついた部分だけを研磨した場合その部分だけが白くなり「 修理しました・・・ 」という様になりますが、ウォールナット材は材そのものが黒色ですので傷の部分だけ色が変わるということがありませんし、また傷にもとても強いです。銘木といわれるほど高級感がありおすすめでお店でその良さを分かっていただきたくてウォールナットの家具を専門的に取り扱っております。

ウォールナット材の家具はコディネートがしやすい!!!

アイテムの豊富なウォールナットの家具

お客様に色々な家具を一年中家具屋のプロとしてご提案しておりますが、ます一番に考えていることは、統一感を持たせたインテリアでコーディネートにすることだと思います。その場合一番に考えないといけないことは色合いを統一させてチグハグにならない様にしないといけません。その家具選びの条件として、色々な製品に対応しており、かつ高級感があり、ご新築等の床材等のインテリアにもピッタリとに合う材料ということが求められてくると思います。近藤家具ではその条件を全て満たしてくれるのがウォールナット材であり最もお勧めできる材質だと考えております。安い中国製品から超高級な家具まで幅広いアイテムがありご提案がしやすく、ご予算以上のご提案ができますので、ウォールナット材を選択するには最良の材質だと考えて専門的に取り扱っております。