無垢家具とは

無垢家具の展示会写真
無垢家具の展示会写真

無垢家具の展示会写真

大川の家具屋近藤家具では何故、無垢家具をオススメするのか?

無垢家具といっても全て無垢材で出来ている家具は、テーブル/椅子類の脚もの家具以外の箱物家具ではほとんどありません。

ウォールナットの無垢家具を販売してるといっても全面のみが無垢材で肝心な天板は突き板、側面はプリント合板を使った製品でも一まとめで無垢家具になっている様です。

使用する部材の厚さも様々でチェスト類で使用されている一番安いのは20mmの節あり材になります。

近藤家具の商品で使われているせいひんの多くは25mmの節あり材、又は節なし材を使用した製品が多いです。

この5mmの違いが材料単価も高くなりますが見た目の高級感も違ってきます。特にテーブル天板に使う場合もあるありますが、違いが歴然です。

また、節なし材と節あり材でも違いがあります。節あり材が自然な感じがして無垢の木の素材感が出ているのに対して、節なし材はスッキリとした素材の綺麗さをがあります。どちらも良いのですが、家具を選ぶ場合は結局は好みの問題だと思います。

インターネットで高級な家具を選ぶ場合はこちらの点に注意して家具選びをしてください。

ディスプレイ上で見る家具は画像編集されて最良の状態で紹介されていますので送って来たら安っぽい製品も中にはあります。

近藤家具ではインターネットでに販売もしていますがあまりオススメしていりません。高級家具の御購入は実際に見て雰囲気、作りを確認して御購入されるのが失敗しない家具選びのポイントだと、お客の直接的な話を聞いてから感じています。