突板と無垢板・一枚板の違いについて

ウォールナット等の天然素材の突板と無垢材一枚板の違いについて

近藤家具の商品は主に無垢材と突板を使用して作成されています。無垢材は材木を継ぎ合わせて作られた資材で、主に縦長い材料を横に継ぎ合わせて一枚の板として使用しています。

一枚板との区別は一枚板は読んで字のごとく継ぎ合わせがなく本当の一枚の板の資材を一枚板、無垢材はハギ材といって横方向に継ぎ合わせて接着しているのを無垢材といいます。

必然的に一枚板が単価が高くなります。

特にウォールナット材・ブラックチェリー材・オーク材などの主に北米からくる材料は現地で製材した状態で大半が送られてきますので一枚板になると希少価値が高く、ご購入時の単価も高いものになります。

一枚板の欠点が反りや割れが出やすいという欠点がありますので製材してから何年も寝かせて含水比を下げ、反りや割れを出せるだけ出して加工しないと加工してすぐに材があがれますので注意が必要です。

無垢材は継ぎ合わせでできていますのでどちらかというと不具合が出ずらいです。

最後に、突板材は合板に厚紙ぐらいの薄さにスライスした天然木を張った資材になります。表面を天然木で張り合わせていますので木の感じがありますが、傷が入ると天然木の部分が薄いので下地材の合板が見えてしまします。

突板・無垢材・一枚板とどれを取っても高級家具に使われる材でお勧めですが、近藤家具では無垢材をふんだんに使った製品をご提案・お勧めしております。

ウォールナット材の無垢材

無垢材をふんだんに使った無垢材の板座