大川おすすめの家具屋厳選 無垢材のダイニングテーブル

ウォールナット無垢材ダイニングテーブル

大川おすすめの家具屋厳選 人気のウォールナット無垢材のテーブルです!

T型脚を使用した大川家具屋おすすめ無垢材ダイニングテーブル

ウォールナット材ダイニングテーブル

重厚感が違うダイニングテーブルです!

大川おすすめの家具屋さん厳選のウォールナット材無垢材のダイニングテーブルはT脚で人気のある無垢材のダイニングテーブルです。

一般的に四つ脚の製品が多いのはコストを考えた加工面から選定される場合が多く、こちらの様な形状の脚を使用した無垢材のダイニングテーブルは大川の家具には少ないようです。

無垢板の脚部分を釘等を使わず、ほぞで組み上げる方法で作っておかないと重たい無垢の天板をのせた場合にぐらつき等の不具合が出やすいですが、この方法で組み上げるには技術が必要ですのでどうしても四つ脚が多いようです。

こちらの脚の利点は脚が邪魔にならずに横の方ギリギリまで座ることが出来ますので使い勝手が良いことです。

大川おすすめの家具屋さん厳選のウォールナット無垢材のダイニングテーブルは大人気です。

天厚40mmの厚材使用の大川家具屋おすすめの無垢材ダイニングテーブル

ウォールナット材天板写真

天板40mmの厚材を使用しています。

インターネットで無垢材のウォールナットダイニングテーブルが安く売ってありますが、よく見てみると天板の厚みが20mmの場合が多いです。

20mmの天板の厚みの場合、幅が広くなるとたわみがでてきたり反りや割れが出やすくなるので、一般的に天板の下に幕板が必要になりますが、40mmの天板の厚みがあると倍の厚みがありますのでたわむことがございませんので幕板のないスッキリとした感じのデザインになります。

また、大川おすすめの家具屋さん近藤家具で取り扱っているダイニングテーブルは厚みの部分を2枚でまわした製品ではなく横ハギのみの材質の厚みそのものの素材を使用していますので質感が違います。

幅広の板をはぎ合わせた大川家具屋おすすめの無垢材ダイニングテーブル

ウォールナット材の天板

幅広の板をはぎ合わせています

写真は幅180cm、奥行90cmのダイニングテーブルですが、5から6枚のハギ合わせとなり、幅広の板ではぎ合わせていますのでウォールナット材の無垢材の木の質感が素敵に出ています。

一枚板になると高額になるのと反りや割れが出やすくなるということもあり、はぎ合わせの広い天板を使った製品も同じような質感がありおすすめです!

自然な形状の天板を使用した大川家具屋おすすめ無垢材ダイニングテーブル

ウォールナットテーブル側面の形状

側面は自然な形状です

側面は自然の木の皮をはいだ状態での仕上げをデザインするため忠実に機械で形状を作りこんで、安定したデザインの製品がご提供できる様にしています。

ウォールナット材の皮に近い部分は色目が白くなり、心材部分と比べると濃淡がはっきりしているのと、水分がが多く虫等も入っている場合も多くありますのでその部分は排除して心材部分のみを使用し、かつ自然なデザインにするため機械で形状を作りこんでいます。

大川おすすめの家具屋が厳選しておすすめする人気の無垢材ダイニングテーブルは大人気です。

YouTube動画で商品説明

★ウォールナット無垢材のダイニングテーブルの詳細